Home arrow番組関連トップ arrow番組裏話 その1|その2その3

番組裏話

line

やってしまった・・・!

リスナーの皆さんがアレ!?って思っちゃうようなミスって、生放送の時はたまにあったのですが^^;でも事前収録ではなかなか 発生しないはずなのに・・・やっちゃいました><
それは第三十八回放送(コレ書いてる時点ではまだ放送されていない)でのこと。
いっきに三曲を短く連続で流した後、私のエンディングトークが入って、Ending Theme(Bye for now!から始まるやつ)に行くつもりが、 曲が3曲終わったあと、突然その"Bye for now!"に入ってしまい、むっちゃトウトツな終わり方に!!聞いたときにはぐはっ!! て 感じでした・・・。Time tableを確認したところ問題無かったのですが・・・エンディングトークのファイルを送信し忘れていたのが原因 でした・・反省。

 

line

スタジオがほしい

日本からの放送ももう10回以上になりますが、FM局の充実した施設を使えた日々が懐かしい!(涙)
いろんな問題から、放送は自宅で直接パソコンにマイクで録音しているわけなのですが、雰囲気が出ないのです。
なにせ自室・・ 気分はいつでも生放送ですが・・
それにしてもあのON AIRスタジオでの緊迫感や勝負してやるっ!って気持ちに欠けるのはつらいです。
まずは、マイクスタンドがほしい!

 

line

真夜中のイベント取材

イベント取材!第二十八回放送で取り上げた、”マリスミゼルのような格好(全身黒とか凄い化粧とか)をして深夜にクラブを貸切にして行われたイベントの取材に向かっていた時のこと。(かなりドキドキだった!)
案内してくれたイベントの主催でもある後輩と、日本の文化研究してるリンディーとYUJIと私で新宿の夜を 歩いていた・・んだけど、その案内してくれている後輩の服装が、すでにかなり派手で目立つ格好をしていたので、超目立ってました! 途中コンビニに寄ってその彼女が道を聞いたら、店員さんがビビッちゃって間違った道を教えてくれたほど・・(笑)
ちなみに、途中で”HOTEL NUTS(ナッツ)”を見つけて、皆で爆笑。


line

ハプニングの連続で一番焦った生放送

あれは、第20回放送の時のこと・・! スタッフの中で誤解などが重なってしまい、放送前日にメインのコーナーが無くなってしまいました。
急遽、代りを用意することに!
その回は偶然第二十回目の放送だったので、総集編ということで今までのインタビューを厳選して編集、番組をちょっと振り返るという コーナーに変更しました。
さっそく今までのインタビューをPICK UPしようと、MDを編集していたら、来るはずの無い韓国の某番組スタッフご一行様がスタジオに近づいて来た・・!
なんと、「録音が間に合わないから録音をさせてくれ」とのこと! そんなこと言われたって、こっちだってむっちゃ焦る状況!しかも放送2時間前。 でも向こうは大人数+KIWIのゲストまで来ちゃってる・・
結局、30分だけという条件で先にスタジオを使ってもらったんだけど、1時間半使われました・・・
さらに、YUJIが忘れ物に気づきフラットまで取りに帰っちゃった!
私とシンジで必死に放送用のMDを作成していました。もう焦っちゃって混乱気味に!
そして放送30分前になったところで最後の大詰めに入ったものの、直前にスタジオをちゃんと使えなかったのはマジ痛かったです。
「どのMDにどのアイテムや曲が入っているのか不明」という状態のまま番組がスタートすることになってしまったんです。
Naokoは冷や汗でドキドキのままいつもの英語のオープニングトークをしたらつっかえちゃって、、、
その後一曲目をはさんでフリートーク!
・・いつもは、まずBGMをちょっと流してからトークがスタートなんだけど、そのBGMがびっくりしちゃうような大音量!
(ミキサーYUJIは本当に、何番目にどの曲が入っているのか不明状態だったから混乱気味)
しかしON AIRスタジオにいる三人共気づいていない
そのままNaokoのトークも始まっちゃってトークが聞こえない!
そんな大惨事でした。
マジで恥ずかしかったです。放送後に一番落ち込んだ日でした。生放送第一回目放送だったときよりヤバかった・・。

・・・幸いなことにコンテンツとしては、急遽作った総集編もまあまあまとまり、レギュラーコーナーのラジオドラマ、韓国語講座、 クライストチャーチの野鳥コーナー、BOB先生の英会話講座と事前録音部分はいつもとかわらずあったのでなんとか・・・(^^;;;
ここで教訓。生放送で、たとえどんなことがあっても心を落ち着かせるのは重要。ドキドキしててももっと冷静になればいろいろ防げた!

line

誤解多発!

なぜかは分からないけど、このページを見てよく誤解されることがあるので紹介。
「クライストチャーチで放送局を立ち上げた」・・違います!作ったのはラジオ番組!放送局なんて作れないよ!!しかし誤解される度 No.1。 「オークランドでラジオ番組をやっている」・・クライストチャーチです!な・何を根拠に?!だが以外に多い。
「NZに住んでいる」・・3月に日本に帰ってきて、日本で録音してNZで放送されています!!よく○△ストリートで会おう・・とか言われる。

 

line

番組に届く履歴書

4月に入り、4年生になって就職活動を始めた人も多いと思うんだけど、JDUにも就職の問い合わせが3通来ました。
はっきり言って、手伝いたい人は超WELCOMEですが、給料出ません!!
とても丁寧な言葉遣いのメールだったので丁寧にお返事しましたが、きちんとした履歴書をメールに添付してくれた方も。
そんな問い合わせメールをいただいたときには、なぜだかちょっと嬉しくなります。

 

line

会議中にニッキー、華麗なるジャンプ

ジャンプ3月3日、NaokoとYujiとフラットメイトAyakoの三人がPlainsFMに記念撮影に行ったら、局員がノリノリで写真に 写ってくれた。最初はまだまともなポーズとってたけど、そのうちPlainsFMのニッキーが「外で緑の中でとろう!」 と言い出し、外に出ておおはしゃぎ。次第にポーズは過激?になっていき、高いところからみんなで一斉に変なポーズで ジャンプして何度もとりました。すっごく楽しかったです。

line

あやうく警備員が来るところだった・・・!2

やられた!今度はマジで放送局のアラームを設定されてしまった。(四つしたの項目参照)
しかも犯人は同一人物・サモアのお兄さん
聞きなれたピ・ピ・ピ・・という音に気付いた時には既に遅く、YUJIが駆けつけた時には設定完了を告げるピー!!という 音だけが鳴り響いた。YUJIはとりあえず解除したけど、もう感知されただろう。スワイプカードを通して外に出て、サモアの お兄さんに「アラームを設定する前に誰かいないか確認してください・・」と渋い顔で注意した。


 

line

おつかれさま収録後の写真撮影2月12日、ラジオドラマの収録のとき、大変なことが・・・「せっかくみんな集まったから写真撮ろうぜ!」
ホワイトボードに番組のロゴを書いてプレインズFMの看板まで持ち出して準備OK! そしてみんなそれぞれのポーズを決める。ユウジも日頃しないようなカッコつけポーズを決める。
しかし、そのときデジカメの電池が切れた!・・・みんなポーズを決めるのに時間かかり過ぎ!

 

line

トイレの音デビュー

2月4日、いつもどうりラジオドラマの収録に取りかかる。今回はちゃんと新しいメンバーが参加しているので効果音(肉声)の心配は無し。普通は鳥の声「チュンチュン」が新人さんの担当で、初収録(通称チュンチュンデビュー) になるんだけど・・・なんと今回はトイレの音「ジャー・・・ジャー」を新人さんがすることに! ラジオデビューがトイレの音とは。Mちゃん、ご苦労さまでした。

 

line

ナレーション×7回

2月4日、ラジオドラマのオープニングのナレーションをやってるシンジ、いつもはノーミスのtake1(もしくはtake2) でOKのハズだが、今回に限ってミスを連発!漢字でつっかかる!六回のミスの後、「台本の漢字全部に読み仮名をうつこと」 をしてなんとか七回目にOK。たった三ヶ月のニュージーランド生活でシンジは漢字を忘れてしまったのか? ちなみにミスが一番無いのは美男子ティーチャーBOB
忙しいBOBはスケジュールが一杯なので、全部のBOBのパートを 連続で録音して、後でストーリーに組み込んでいるけど、だいたい1分で終わる・・ノーミスです。強!

 

line

あやうく警備員が来るところだった・・・!

プレインズFMのセキュリティ2月初めのある日、NaokoとYujiがPLAINSFMで深夜まで残って仕事をしていたら、生放送の終わったサモア人のお兄さんが 帰って行った。と、そのとき!私たちは聞きなれたぴ・ぴ・ぴ・・・という音を耳にした。 こ・これはアラーム設定音ではないか!!
(注・このアラームが設定されていると、FM局内に人が居ると感知し、すぐアラームが鳴って警備員が飛んで来るシステム) 無言で走って見に行ったYUJIが玄関で見たものは・・しまった!!って顔をしたサモアのお兄さんが外で何も出来ずあたふたしている のと、セキュリティーシステムのパネルがアラーム設置完了間際を告げる赤いランプを点滅させていた! Yujiはできるだけ早く 解除ピンコードを入力、そして自分のカードを通し、間一髪で解除!! ふーー・・。

 

line

行方不明の新人さん事件

ポリテクの入口最近、番組を手伝いたい!とメールをくれたKさん。
ポリテクのとなりで待ち合わせたところ、現れず、しかもお互い家に電話しても間違い電話。「電話番号があってるはずなのに!」・・・ 電話が通じないため、最終的にメールで待ち合わせしたところ「Mt Edenで会いたい」と言われた。
そ、それってオークランドじゃん!?というワケで全ての謎が解明。
ポリテクの待ち合わせも、お互いに違う都市のポリテクで待ち合わせ、電話も市外局番03,09の食い違いだった。 本当に予想外の展開だった。

line

ドラマから起こったロリコン説

第17回放送(1月19日)時に、シンジ君がスクール水着に魅力を感じることが判明。
番組男性陣は、スクール水着よりハイレグのお姉さんの方がいい(笑)と非難したため、その後なにかとシンジ君はロリコン呼ばわり されている。 シンジ君の意見に賛成できる男の人、もし居たらメールください! ちなみに私、Naoko的には、スクール水着のどこがいいんだ・・!?って感じ。
ハイレグも、はいてる方が落ち着かなくて嫌だろう。 やっぱり水着はかわいいのに限る♪

 

line

逆にスポンサー?

1月9日、某KIWI飲食店にスポンサーのお願いに行ったところ、こちらの番組側がそのお店のスポンサーになりたがってる と勘違いされて、いきなり契約書を書かされそうに
いやいやなんですが・・・

 

line

消え去った電話ネタ・・・

1月8日英会話講座の二回目の収録の時、プロのミキサーデイビッドに電話を使った英会話を録りたい!
と言ったところ、「家のコンポの修理完了の電話をココで待ってるからスタジオの電話は使えない」と断固反対
されて、 急きょショッピング英会話に変更することに。
先生のレズリーが「この子たちは電話の英会話を作りたいの!」と主張してくれたが、これが火種になって、
ミキサーのデイビッドVSレズリーのネイティブバトルが開始。
番組メンバーはテンション急降下。物凄く気まずい収録 だった。

line

生放送の落とし穴!

マイナス20dbに・・・12月29日第15回放送で、ヒロさんの声が最初から最後まで小さめだった!(小さいというか遠い)という恐ろしい事件が発生。
放送後、録音MDを聞いてスタッフビックリ!!
・・ヒロさんは新型のマイクを使っていたけど、よく見てみるとマイクについている小さな つまみの位置が変わっている!「-20db」と書いてある!
これって一体どれだけ声が小さくなるんだ!と凍りました。 それでも充分聞こえる大きさでしゃべっていたヒロさんも凄いけど、前の放送をしてた人もどうしてそんな設定を・・一体いつから・・

 

line

毎度のこと

ラジオドラマ収録時にヒロさんははいつも暴走
それにつられてシンジもそれにクールなYujiまでもが・・・!!
ラジオドラマでしょぼい男性陣が楽屋トークは爆裂ボンバー!誰かとめてくれー!

 

line

生放送後、深夜まで話し込む真夜中のスタジオ

十二月二十二日(日)クリスマスの恋愛話を特集した生放送後、恋愛話に火が付いたスタッフ一同。 ヒロさんの若く情熱的な恋愛トークに、みんな、大興奮!(途中から男の下心の話になってった)
結局、解散は深夜二時になった。
おかげで見回りの警備のオジサンとお話ができた。


line

ラジオドラマ収録4時間ぶっ通し

ドラマの収録12月18日(火)ドラマ収録三回目、効率をあげるべく3、4話同時録音という荒業に挑戦。
十二人集まったのでいろんな 効果音が楽しめた!特に表現力を要したのは「こおーーごぉぉお(嫉妬の炎)」「ぐぅううーーがぶっ(犬が噛み付く)」!など・・・
今回は 韓国人の2人も来てくれました。ドラマの効果音募集中ですが、別に日本人じゃなくても参加できますよ!
後日(19日)、追加録音でガーディアン役のカオリさんがお茶をすするシーンで、水を本当にすすりながら迫真の演技を見せた(笑)。

 

line

ドラマの男性陣ヘタ過ぎ?事件

12月10日(木)ドラマ収録二回目、みんなの声優ぶりが前回より遥かに向上していて、サクサクッと収録が進むが、
解説のシンジとシンジ役のYuji(何かまぎらわしい?)の声がダメダメで、思わぬところで取り直しの連続、
Yujiの方は 立派な不良少年に成長するが、シンジの声は最後までショボかった。

 

line

ドラマの効果音にこだわり過ぎて間に合わない?事件

12月4日(木)初のドラマの収録日、集まったメンバーは十人、主役はアサミちゃんに決定。反対意見無し。
ところが、最初の効果音、飛行機のノイズ音(コー、コー)でなかなか納得した音が取れない
しかも、日頃スポーツ をしてないメンバーの為、取り直しの度に息が切れてもう大変!スタジオの時間は二時間も取ってたのに半分ぐらい 進んだ時点で残り、三十分!結局、時間がオーバーしたけどなんとか終了。みんなアサミちゃんの成長に脱帽。