Home arrow ニュージーランド生活情報 arrow NZ旅行情報 arrowクイーンズタウン~ミルフォードサウンド旅行

ミルフォードサウンド

New Zealand旅行記

Milford sound Queenstown

2006年2月、友達と2人でニュージーランドに2週間来ました!
今回は短期間の旅行なのでスケジュールを事前にじっくり考えて、そのうち5日間はクイーンズタウン・ミルフォードサウンド方面に行くことに。
この旅行、ハプニング続きだったけど、その分思い出に残った旅行でした。

 

コリアンエアーの機内食

行った2月は、夏のベストシーズン。飛行機がなかなか取れなくて、私はコリアンエアーで、友達はAirNZでばらばらの出発です。

コリアンエアーでは毎回楽しみにしている機内食・ビビンバも楽しんで、夜の飛行中ぐっすり眠れました。
朝には韓国風おかゆが出てきて、胃にやさしくて美味しいフライトだったよ!

ニュージーランドは時差が4時間(夏:サマータイム)しかないから、時差ぼけにならないので安心して飛行機に乗れるところがいいよね?!

クライストチャーチ国際空港には、お昼に到着。
ホテルへの行き方を聞こうと思ってホテルに電話してみたら、ワゴンで迎えに来てくれることに...(荷物も多いし助かった~!)

 

Chateau on the Park

今回はいろんなアコモデーションに泊まってみたくて・・・
ホテル、B&B、MOTEL、バックパッカーズと事前予約しておいたんだ!

一泊目は、一番高かった高級ホテルChateau on the Park(シャトーオンザパーク)です。
NZでこういうホテルは初めてだったから、バスローブを服の上からはおり、それっぽい?写真を撮影して遊んでました(笑)


Chateau on the Parkの部屋でここはモナベール側のハグレーパークの横にあります。緑も多くて広いガーデンがキレイ!
1階の部屋だから、ガーデンが部屋に付いてるような感じがする。
とっても快適に過ごせました。

次の日の朝8時半に起きて空港に行き、国内線でクイーンズタウンに移動するので早く就寝。

ところが翌日、起きれなくて飛行機に乗り遅れちゃったTT
すぐにカンタス航空に電話したら次の便の片道チケットが電話で買えました。高くなったけどしょうがない><
その後のホテルやツアーも既に予約済みだからね^^;

カンタス国内線Christchurch to Queenstown

ホテルの人に空港まで送ってもらって、取りなおしたクライストチャーチ→クイーンズタウン行の飛行機に乗り込みました。

飛行時間約1時間だけど、シートベルト着用サインが消えてから、音楽3,4曲聴いただけですぐ下降準備に入ったよ・。・!
この短いフライト時間にもかかわらず、マフィンと水が配られました。
食べ終わる前にクイーンズタウンに着いたけどね^^;

Queenstown AirportQueenstown Airport

クイーンズタウンの空港は・・・ここって空港!?って思った。だって、空港の建物も簡素だしね?!

飛行機を降りてから、普通に地面を歩いて空港に向かいます(笑)
こういうの初めてだから新鮮!

飛行機自体はそんな小さいのじゃなかったし揺れなかったよ。(とにかくあっという間だった)

こんなに気軽に移動できるなら、日数が無い時にはNZ国内旅行に飛行機の国内線で行くのもいいなーって思いました!

TSS Earnslawの船内TSS Earnslaw

クイーンズタウンに着いてまずは、予約してあったTSSアーンスロー号に乗り込みます。

船内にはピアノがあり、おじさんが軽快に弾いてくれてみんなで歌詞カードを見ながら歌ってて楽しい雰囲気!

ワインを片手に楽しそうに歌っている姿はほのぼのとします♪
私も歌いたかったけど、全く知らない曲だった・・・地元の人はみんな知ってるみたい。

1時間半ほどの航海後、目的の牧場へ到着。
今回のNZ滞在で初めて、遠くに羊が見えて、早く遊びに行きたいと喜んだのもつかの間...
本当だったら、ここで牧場見学をして戻る予定だったんだけど、飛行機に一便遅れていたので、牧場の訪問時間が終了しちゃってたから、なにもせずUターンすることにTT

(でも、違う時刻の船にしてくれて差額も払い戻してくれてたから良かったよ。)

クルーズから戻ってきたら既に暗くなりはじめ、バックパッカーズに泊まりました。

 

Queenstown to Milford SoundsSheep

翌日は今旅行の最大の目的、ミルフォードサウンド1泊クルーズです!

クルーズのスタート地点・ミルフォードサウンドに着くまでが長い!
観光バスでの移動は5時間位かかっていたような?!

でも、途中何度も観光ポイントで止ってくれるから写真もいっぱい撮れるし、休憩もフレッシュエアーが吸えるので長時間のバス移動でも楽しかった!

こんな透き通るような湖や、羊がたくさんいるポイント、ロードオブザリングのロケ地などミルフォードまでの道は充実!

Real JourneysのバスGuideさん

これがその長距離移動したリアルジャーニーズのバス。

最新型の観光バスで、空調はバッチリ・窓が大きくて景色も見えてナイス!

右の写真は、バスの運転手兼ガイドのKIWIのお兄さん。
すっごく明るくて、話が面白い!身振り手振りでそれぞれの場所を楽しく解説してくれました。
バスの中ではそれぞれが自己紹介したり、他の人と話したりと交流もありました。

Mirror LakesBeautiful Lake

あともう少しで到着!というところで、ミラーレイクに寄り道。

その名の通り、湖に景色が鏡のように映るという透き通ってキレイな湖。

湖に映ったらちゃんと文字が読めるようにわざと看板の文字も逆さまに書いてある。でも風があったから波が立ってしまい文字が読めないよ~!
でも静かな気持ちのいい場所でした。

 

マル秘の船、フレンドシップ号

バスで長時間移動して、ようやくミルフォードサウンドに到着!!
実はこの日、ワイタンギデー(祝日)で現地の人がいっぱいクルーズに来ている為、パンフレットには載ってないマル秘の船まで出港していました。

そして私たちの乗ったのがそのマル秘の船、フレンドシップ号だったんです!
バスツアーのときから、フレンドシップ号に乗るという人が私たち以外に居なくてちょっと怪しんでたのね。
リアルジャーニーズ社(ツアー運営)のスタッフにフレンドシップ号について聞いてみたら
「わー君たちラッキー!それ、超フレンドリーな船だよ!!」
と口々に言うので、ますます怪しんでいました。

で、実際に船を見てみると、他の大きな船とは違って、フレンドシップ号は・・・漁船?!って感じの小さめの船。

右上の写真にあるのが寝室で、2メートル×2メートルの部屋に6人入ってる!男部屋と女部屋で合計12人だけ乗船です。

Milford Sound CruiseMilford Sound Cruise

しかし乗ってみると人数が少ないため本当にフレンドリーで、逆に良かった!

後で話を聞いたら、普通の船ではグループ化してしまうので、みんなでわいわい騒ぐようなことは無かったらしい。

12人のうちアジア人は私たち2人だけで、ヨーロッパ人など国際色豊かなメンバーで旅行話などを聞きながらミルフォードサウンドの景色を楽しみます。

船の上は予想以上に強風だった!でも気持ちいい~! 途中、滝に大きく近づきました。虹が出来ててキレイ!! フレンドシップ号でバーベキュー

 

乗ってしばらく景色を満喫していたら、夕食の時間に。
船の先頭にNZおなじみのバーベキューセットが設置されていて、海を背景に船員のお姉さんがジュージュー。

バイキングみたいに野菜や他の食べ物も好きな分を取って食べました。
おいしかった^^!

 

ボートでトランピングコースへ

おいしいBBQをいただいた後には、ミルフォードサウンドトラックを散策することに。
エンジン付きの小さなボートでトランピングコースまで乗せていってくれて、みんなで実際のトラックを歩きます。

こういう散策があるって知らなかったから、以前から興味があるコースだったのでびっくり!

 

希望者だけが歩くって話だったけど、全員行きたかったから、みんなでボートに乗り込みました。

ミルフォードサウンドトラックで見た風景ミルフォードサウンドトラック

さすがミルフォードサウンドトラック、15分くらい歩いただけでこの景色に到着。
このNZ旅行中に見た一番きれいな景色でした。

ちょっとだけでもこの道を歩けて嬉しかった^^
いつか、3泊かけてきちんと歩きに来たいな!!

デザートも

気持ちよく散策したあと、ボートで母船に戻ってきたら・・・スタッフさんが、美味しいデザートを用意してくれてた!

NZでは珍しい、生クリームをたっぷり使ったケーキに感激!
甘いデザートを皆で食べて幸せいっぱい。

 

 

カヤックにも挑戦

デザートの後は、カヤックにも挑戦。

私が去年エイベルタズマンでやったカヤックは本格的だったのに、これはプラスチックで出来た簡易カヤック?という感じで大丈夫かなー?!と最初心配になりました^^;

実際にハプニングが起こり私はひっくり返る寸前にもなったけど、そんなことより・・・

夕日が落ちていく静かで気持ちいいミルフォードサウンドに一体感を感じながらカヤックの上で過ごした静かな時間はステキな思い出になりました。

夜はみんなで話したりゲームをしながらワインを片手に眠くなるまで語りました。
明かり一つない場所に止められた船からみた星空は最高でした。

夜はエンジンを止めるから全ての電気がストップしたけど、すぐに寝れたから問題なかったです。

ドルフィンにも遭遇

翌朝、起きてみると雨が降ってるーTT

もちろん曇ってる。昨日晴れたからいいよね!って言いながら室内から景色を楽しみました。

途中雨が止んだころ、イルカの群れに遭遇!!
こんな近くを泳いでてかわいい^^

こうしてクルーズを無事終え、また帰り長距離をクイーンズタウンまでテ・アナウ経由でバスツアーしました。
ミルフォードサウンドクルーズというと、3時間クルーズが一般的だけど、あえて1泊するオーバーナイトクルーズを選んで本当によかった!!

それに、フレンドシップ号に乗れることは今後ないだろうし、貴重な経験が出来てよかったです!
クライストチャーチへ戻りますまた絶対来たいな~!!

 

帰りのクイーンズタウン→クライストチャーチの飛行機に乗るときもまた、滑走路を歩いて搭乗しました(笑)

この後残りの滞在期間は、ラジオのインタビューや友達の家訪問、フラワーフェスティバルなどを楽しんできました。