Home arrow ニュージーランド生活情報 arrow NZ旅行記 arrowテアナウからインバーカーギル方面へ

テアナウ→インバーカーギル方面へ

New Zealand 旅行記

<→前の記事:クイーンズタウン~アロータウン~テ・アナウへ>
この旅行の一番の目的はダウトフルサウンドクルーズ(Doubtful Sound Cruise)に参加すること。
節約旅行だけど、これは絶対やりたいって、この8時間かかる一人270ドルのツアーは申し込んであったんだ。

朝、ホリデーパークのキッチンで朝食とランチを作ったよ。
ランチ作り
ツアーのオプションでランチを頼めるけど、1人25ドルもするから、自分たちで作ったほうがいいよね。
というわけでサンドイッチを作ってラップで包んで準備完了!

クルーズの出発地になるマナポウリまでは、テ・アナウから22キロ。朝食たべて、すぐ移動。

前日まで天気が悪くて、この日も朝から小雨が降ったり止んだりの天気だったけど、そのあと天気も回復してきて・・・ダウトフルサウンド・クルーズはほんといい体験だった!

 

< ダウトフルサウンド・クルーズのレポートはこちら >

 

ミルフォードサウンドのオーバーナイトクルーズも行ったことがあるけど、どっちがいいかと言われるとどっちも良くって…あえて言うならやっぱり日帰りクルーズだと疲れるから、船に泊ってゆっくりできるオーバーナイトクルーズが良かったかな?

ともかく比べられない位どっちも良くて、ほんとオススメ^^

 

ダウトフルサウンドツアーから帰ってきて、今夜もホリデーパークのテントサイトに泊まることに。

せっかくだから昨夜とは違う、Te Anau Lake View Holiday Parkにしたよ。

名前の通り湖が目の前にある

テントサイト(施設を全部使わせてもらえるけど、寝るのはテントOR車)で、一人15.50ドルずつ。
受付でお金を払うとカードをくれるから、それを車の窓にディスプレイしておく。

私達の泊まった芝地の隣でテントをはってたキウイの夫婦といろいろお話したよ。
トランピング(トレッキング)に凝っていて、明日から5日間歩くんだって!

5日間も歩き続ける・・・どんな素晴らしい景色だったとしても、私には無理だって話したら、
「僕だってたいした体力があるわけじゃないよ。
正しい装備(専用の靴、スキーのストック(杖に使う)、寝袋など)を持って、最初は短いコースからTRYしていけば大丈夫だって」

そ、そういわれても・・・
私も4年前にトランピングのことを何も知らず、食べ物とか毛布1枚位をもっていけばいいだろうと安易に考え、キウイたち8人と一緒にマウントサマーズへ2泊3日のトランピングに行ったんだ。それで大変な思いをしたことがあったから、それ以来、長いコースは歩かなくなったのTT

でもこの人たちいわく、
「いや、それは無理があったよ。なんでまた2泊3日のコースを??
初心者だったらまず短めのコースからにしなくちゃ。
ガイドさんと一緒に歩くガイドウオークにすれば、荷物は持たなくていいからかなり楽になるんじゃないかな。

エイベルタズマン国立公園とかオススメだよ。海の横のコースだから平坦だし、道もとても整備されていて歩きやすいし。 でもちゃんとした靴は買ってね。大きな差があるから。」

なるほどー!カトマンドゥーとかに靴屋さんにトレッキング用の靴が売ってるのよく見るよね。
今度エイベルタズマン行く時には少し歩いてみようかなという気になってきたよ。

ここのホリデーパークもラウンジが新しくていい雰囲気、ちゃんとした十分な広さのキッチンもあってよかった。

ここで就寝までガイドブックをチェックして明日の予定を立てたりしたよ。

 

そして翌日...


この日は、テアナウからインバーカーギル(Invercargill)へ移動!

地図を見ると、テアナウからニュージーランド南島最南端の町・インバーカーギルまでを西沿いに走る道があって、中でも景色のいい所はサザンシーニックルートと名付けられてるよ。

シーニックルート=景色がいいに違いない!と思い、どうせなら最南端まで見てきたいと、サザンシーニックルートが続く道を通ってインバーカーギルを目指してドライブすることに!

実際、期待を裏切らない美しいエリアだった。
似てるようで違った牧草風景・・・。景色がどんどん変わっていって飽きなかった!

小さくて見づらいけど牛がいっぱい

あたりを見渡せる場所には車を止めるスペースがあるから、ちょこちょこっと休憩がてら停まってのんびりドライブ。

No Hunting・・・ハンティング禁止?!

初めて見た!

途中通過していく町は、どれも小さな田舎町。
ガソリン補給やちょっとしたドリンクやスナックを購入したりする程度かな。

南の方が羊が多い気がした。

私が羊を見てうれしくて思わず騒ぐと、ニュージーランド人の友達はいつも呆れた顔するけど・・・いつ見てもかわいい!

 

ドライブしている途中、湖の標識があったから、もしかしたら穴場のいいところかもってちょっと行ってみることにしたよ。

地図の矢印のある湖。
小さな道路標識に従って走っていくと・・・途中から砂利道に変わった><
スピードは出ない、車はガクガク揺れる、車が砂埃で大変なことになりそう・・・
変な所に四駆じゃない車で行くもんじゃないって思ったよ。

それでもしばらく進んでいくと、到着!

超透明なグリーンの湖だった

Lake Monowai

道が舗装されてなかったから、他の人はあまりいないだろうと思っていたけど、車が5,6台停まっていて、自家用ボートを出して湖をクルーズしている人、歩いて散策している人もいたよ。
あと、でっかい鹿を車に積んでる人も^^;
猟銃も持ってたし、ハンティングしてきたところだね。
<→次の記事:インバーカーギル>