Home arrowニュージーランド関連情報 arrowニュージーランドの野鳥

ニュージーランドの野鳥

ニュージーランド全土や、クライストチャーチで身近に見る野鳥を紹介! 
普段見るあの鳥って何? 簡単に鳥先生が解説します。

これは、(2003年2月)に放送した「教えて!鳥先生」(全三回)というコーナーをまとめたものです。

ニュージーランドで見られる身近な鳥

ニュージーランドの鳥といえば、やっぱり国鳥のキウイ!

実はこんな風に分けることができるんだ。

このあたりがスーパースターなんだけど・・・
この中でクライストチャーチで野生のものが見られるのはプケコだけ。
でも、クライストチャーチには他にもいい味を出している鳥が!

 

カモメ

日本では町中にたくさ~んドバトが住んでいるけど、クライストチャーチではその代わりにカモメが住んでる。
市内で見かけるのは、レッドビルドガルというカモメ

大聖堂広場で、フィッシュ&チップスを待ち伏せして飛び回っているよね!(笑)
大きさはハトくらいで、名前の通り「クチバシが赤いカモメ」。
ちなみにこれの若いカモメは黒いくちばしに赤い足をしているんだとか。

なぜChristchurchでは「ハト」の代わりに「カモメ」が沢山いるのかというと、実は――

まず一つ目の理由、ここニュージーランドは日本よりも風が強いってこと。
風が強いところでは、陸鳥よりも海鳥のほうが有利なんだ。

次に、日本に比べて高いビルが少ないこと。
ドバトはもともと崖に巣を作っていた鳥なので、ビルの壁面とかに巣を作るのが好きなんだけど
ハトにとってニュージーランドでは巣を作れるところが少ない。
確かにこの街、ビル少ないよね・・?
ニュージーランドで地震があってからは、なおさらビルがかなり減った。
野生のハト
このあたりでもリトルトンみたいに切り立った町に行くと、実は野生のハトがいる!

→カラスほど の大きさのある野生のハト

 

スズメ

ニュージーランドのスズメニュージーにも日本と同じようにスズメがいるけど、この国のスズメは・・・
ヨーロッパから持ち込まれたもので、ハウススパローという名前のスズメ。(つまり日本とは種類が違う
日本のスズメと違うところは、オスとメスではっきり色が違うこと。

オスのほうが、顔に黒い線が入った濃い顔つきで、メスのほうはあっさりした顔つき。

 

カラス

ニュージーランドのカラスといえば・・・
オーストラリアン・マグパイという白黒ツートンカラーのカラスのような鳥。
マグパイというのは日本でいうところのカササギのことなんだけど、日本のカササギと似ているのは色だけ。
カササギは尻尾が長いんだけど、オーストラリアン・マグパイはカラスそのものの体型。

ルーク・・・(これは日本のミヤマガラス)という真っ黒いカラスもいるけど、
これは森に入らないとまず見る機会は無い。

 

カモ

ハグレーパークにいくと、マガモがいるよね。
オスは緑色の頭で、メスが地味な茶色をしてるんだけど―
この中に、実はグレイダックというニュージーランドオリジナル のカモが混ざっている!
このグレイダック、マガモのオスとそっくりの色をしているので要注意。

見分け方は、顔にかかるライン。
マガモのメスは茶色が薄くなっている程度なんだけど、グレイダックのほうは本当に真っ白!
ここで見分けることができるのでぜひ探してみてね。

さらにもう一つ見分け方が!
翼鏡という部分を見ると分かる。
翼をたたんだときに腰の脇に現れるホログラムみたいな羽・・・
これが青色なのがマガモのメスで、緑色なのがグレイダック。
ただ光の加減で見え方も変わるのでよく見てみてね!

もっとも、マガモとグレイダックは近い仲間なので雑種も。 
・・・鳥のハーフって何かすごいよね?!

 

クライストチャーチで見られる身近な鳥

家の庭や公園の芝生を見ていると、スズメよりふた周り大きい鳥
―日本のムク鳥くらいの鳥が熱心にえさを探しているよね。

ニュージーランド留学中に、ホームステイ先でよく見る鳥が何なのか気になったり…

クライストチャーチでよく見かける鳥に限ると、3種類!

ブラックバード(ツグミの仲間)
ソングスラッシュ(ムクドリの仲間)
スターリング(ムクドリの仲間)

ブロックバードまず、見分け方は・・・
全身真っ黒で、クチバシが黄色い鳥― これはブラックバードのオス。
和名がクロウタドリといいますが、実はビートルズの歌のタイトルにも使われた鳥。
ちなみに、メスは全身が茶色みがかったグレー。

 

次に、背中が茶色で、腹が白に茶色の模様がある鳥―となりのトトロのおなかみたいな感じ―
これはソングスラッシュという鳥で、オスメスとも同じ色。
他の鳥の鳴き声をマネする鳥。

最後のスターリング― ホシムクドリともいうけど、これは紫がかった黒でメタリックな感じのちょっとカッコイイ色!
体中星のような白い斑点があるのですぐに見分けがつくよ。

この鳥はグループ行動がすきなんだけど、その中に、全身が灰色の鳥が混ざっていることも。
これがスターリングの若いやつで、
年齢を重ねるごとに全身に「星」がきらめく・・そんな鳥なんだって!

 

 

ニューランドの個性的な鳥

プケコ

これはクイナの仲間で、青いからだに赤いくちばしで、丸々とした体と長~い足が特徴。
この鳥はジメジメとした湿地帯が好きで、雨あがりの早朝など、干潟沿いの道路などによく出てくる。
「えっほ、えっほ」という感じで歩いてる!

同じ仲間の「タカヘ」とは違って、飛ぶことはできるけど、どちらかというと自分の足で歩くほうが好きみたい。
たまに飛ぶところがいい!

ニュージーランドピジョン

これは日本のカラスほどもある巨大なハトで、色は背中側がメタリックグリーン、腹は白。
ハグレーパークに数カップルが住んでいるので、木の枝とかを探してみてね。

 

ファンテール

これは普通の庭にも飛んでくるので、見たことがある人も多いんじゃないかな?
背中が茶色、腹は白で、尾羽が扇のような形(名前のまんまじゃん!)をしていて、
木々の間をぴょんぴょんと頻繁に飛びまわるので、まるで「扇子」が空中を舞ってるように見える。ゴージャス!

この鳥は群れで行動するけど、そのなかにたまに全身黒づくめのファンテールがいることが。
割合としては・・・資料によると12%~25%らしいけど・・・
実際、クライストチャーチではもうすこし少なくて、20羽に1羽くらい(5%)かな。

この黒色型は、ニュージーランドの南島のファンテールにのみ現れるもの。
ファンテールの群れを見つけたときには、是非「黒いファンテール」を探してみてね!

 

ニュージーランドで生活していて身近にみられる鳥を詳しく解説してくれた3回にわたる特集、どうだったかな?

最後に、T先生からとっておきの写真を…

 

T先生が赤外線カメラで撮影したKIWIとペンギン!!

詳しく知りたい方は、番組で「教えて!鳥先生」に登場してくれた先生のページで!