Home arrow番組関連トップ arrowPlainsFM紹介

PlainsFM紹介

ニュージーランドのクライストチャーチにあるラジオ局PLAINSFM。
ニュージーランドの放送局ってどんな所なのか紹介していきます!

 

ニュージーランドのラジオ局

これがJDUを放送しているPLAINSFM!
ニュージーランドのクライストチャーチを中心にカンタベリー地方に向けて発信してるよ。
NZ ON AIR(政府)からの資金が主な運営費。

地域密着な、多国籍な、ニュージーランドミュージックを多く流すなどの決まりがあるんだ。


英語の番組がもちろん一番多いけど、ワールドゾーン(多くの言語を取り扱う時間帯)では約20カ国もの言語で放送されてるよ。

P1 Studio メインスタジオ (事前収録用スタジオ)

事前録音で使用するスタジオ。
収録するブースとサウンドエンジニア側の2つの部屋がガラス越しに繋がってる。
防音もしっかりしているので騒いでもミュージシャンが大声で歌っても大丈夫!

たとえ生放送の番組でも事前収録アイテムって常にあるんだ。
ID(ジングル)、時間が合わなかったから事前に収録したインタビュー、番組の初めに流れる イントロなど・・・

 

ニュージーランドで就職全てのスタジオは1年を通じて空調が保たれていて少しひんやりしてる。

 

今はデジタルの時代だから直接パソコンに録音していって音声ファイルとして各フォルダに保存。
多くの番組があるので細かいフォルダをたくさん作って誰が見ても分かるように保存されてるんだ。

今は編集もパソコンで楽だけど、昔はリールトゥーリールというものに録音してカセットテープなども使い大変だったらしい・・・!

 

私がラジオ局で仕事しているうちの80%位はこのスタジオ。

 

ON AIR STUDIO 生放送スタジオ

クライストチャーチで就職 生放送はここから!
朝8時からのブレックファーストショー・モーニングスから始まり、ニュージーランドのスポーツ選手、セレブシェフ、キウイアーティスト、小説家、政治家など毎日いろんなゲストが。

ドア一つで繋がっている隣のスタジオと連結して使ったり、隣のスタジオにプロデューサーが待機していて、番組に電話がかかってきたら とってスタジオにつないだりすることも。

 

パネリング(ボタンの操作など)をしていると防犯カメラのモニターがちょうど見えるんだ。 夜に放送していると何故かふと見てしまう・・・

CDレコーダーで、今放送している番組を直接CDに録音したり、パソコンに音声ファイルとして録音も出来るよ。

昔はMDデッキとかレコードプレイヤー、カセットプレイヤーもあったけど、今はそういうのは全部無くなって、パソコンから多くのアイテムが流れていて、たまにCDからという感じ。

P2 STUDIO 編集スタジオ

ニュージーランドで仕事 ブロードキャスター達が24時間いつでも来てちょっと編集したり自分でさくっと録音できるスタジオ。


手の届くところにフェーダーやボタン、マイクがあるから2人でちょっと話すのを録るのに便利。

どのスタジオも予約制だけど、このスタジオは融通が利きやすいかな。


勘違いや諸事情で「ちょっとだけ使わせてくれよ~」と他の番組に言われたりすることも^^;

 

オフィスエリア

ニュージーランドのラジオ局

スタジオでの仕事以外のペーパーワーク、パソコンでの仕事はここで。
スタジオが予約でいっぱいの時のトレーニングもオフィスですることも。
会議室と3つのオフィスエリア、受け付けがあるよ。
写真のギャリーはリラックスしてるけど、普段はまじめです^^;

 

4.POTABLE STUDIO POD ポータブルスタジオ ポッド

PlainsFM ポータブルスタジオPOD!2009年から一般公開が始まったユニークな持ち運び可能なスタジオ。
放送局のロゴのキャラクターと同じ形で、放送局で考えてオリジナルの設計、完全にオーダーメイドされたものなんだ。
中にはタッチパネル式の大きな最新型パソコンが入っていて、中で録音したあと指でなぞったりして簡単に編集できるよ。

aaa

 

クライストチャーチの小学校でメディアスタディーの特別プログラムで使ったり、クライストチャーチのローカルイベントにどんどん登場する予定!

 

 

 

 

 

5.外から生放送 

外で生放送イベント会場などから生放送することもあるよ。

リンチ・ボックスと呼ばれる機械を使った外からの生放送は楽しい!

 

写真はクライストチャーチ大聖堂前で子供のお祭り、キッズ・フェストの一環キッズマーケットイベント会場からの生放送(2010年)。

 

エドと私が大聖堂前から生中継、ネイサンがテクニカルサイドを担当。

 

キッズマーケットでの生放送ミッション、インタビューなど…

 

 

 

6.ポータブルレコーダー

ブロードキャスターが、出張先でインタビューをするためのポータブルレコーダーが3台。

m-audio、タスカムってそれぞれメーカーの名前で呼ばれてる。

USBマイクもあって、パソコンに繋いで録音することも。

 

 

7.プレインズFMの車

放送局のワゴン車。
数人のブロードキャスター達と一緒にNaokoの写真が車にデザインされています。
このデザインのせいで窓がふさがれてて運転しにくい!!
上に2つスピーカーがついていて、車内でマイクをつないで話すと外にスピーカー越しに流れるようになっています。

8.ラウンジ

ニュージーランドのラジオ局

番組のゲストやブロードキャスターのためのラウンジ。

壁にプロジェクターで映して急きょ会議に使ったりすることも。
キッチンと冷蔵庫があるから、ちょっとしたつまみを作って、仕事後にニュージーランドワインやビールで乾杯することもあるよ。
そういうのは主に金曜の夕方かな?