ニュージーランド関連情報  ニュージーランド移住までの道 ニュージーランドで家を買う、そして起業

ニュージーランドの歩き方に執筆したコラム「ニュージーランド移住までの道」

ワーキングホリデー、留学、NZ就職、永住権取得、家の購入、起業…今までを振り返ったコラム

*ガイドブック「地球の歩き方」の公式サイト「ニュージーランドの歩き方」に連載したコラム「ニュージーランド移住までの道」の再掲載です。

第12回 ニュージーランドの永住権取得、家の購入、そして起業

ニュージーランドで地震があって・・・

ニュージーランドの永住権の本申請を提出してすぐの、大きな地震。
大聖堂広場にある移民局に書類が全部あるじゃん!!って思ったけど・・・良かったのは、移民弁護士事務所では、提出する書類は全部コピーにしてるから、原本が全部弁護士事務所に残ってたこと!

 

とは言っても弁護士事務所も立ち入り禁止区域の中にある。でも比較的アクセスし易かった場所だったからか、弁護士さんが特別許可をもらってビルに入って書類原本を取り出したって聞いた時はとりあえずほっとしたよ。

 

2011年2月22日の地震があってから、クライストチャーチ移民局の機能がダウンして審査が完全にストップしちゃったんだ。早く進んでくれないと、私のワークビザの更新もあるし・・・。もともと、普通にいけばワークビザ更新前には永住権が出るかもって言われていたからね。

 

そして、ケースオフィサー(永住権審査の担当者)が決定したって連絡が来たのは、2011年の5月に入ってから。

ケースオフィサーが決まってから、平均で半年~8,9ヶ月の審査時間がかかるって移民弁護士から聞いてたから、ここからはもう気長に待つのみ。

 

さすがにワークビザを更新しないといけない時期だったから、ワークビザの更新手続きもしないといけなくて大変だったよ。

 

ところがケースオフィサーが決まったって連絡から1週間後に、移民アドバイザーから私の携帯に直接電話が。
いつもEメールで連絡してくるのに珍しい!

 

移民アドバイザーのキャロライン「おめでとう!!!永住権が取れたよ」
私「・・・・・え? え? ええーー?!! ・・・本当に?」

 

キャロライン「私もすごくびっくりしてるのよ。こんなことって珍しいから。ともかく移民局から連絡きたからすぐに伝えようと思って」

 

こんなに急に取れると思ってなかったからびっくりしたけど、単に本当に嬉しかった…というより、すごくすごくすごく感激した。

大変な時期もあった分、とにかくぐっとこみ上げてくる深い思いがあったよ。

 

永住権を取れたここからが本当のスタート!

ニュージーランドの永住権ステッカー

ニュージーランドの永住権が取れてからは、住宅ローンを組んでクライストチャーチに家も買ったよ。

 

夫は昨年からクライストチャーチの日本語補習校の講師もはじめて、私のラジオ局での仕事も、今年で6年目。

ラジオ局での仕事以外にも、執筆活動やイベントの司会、クライストチャーチ市の留学プロモーションビデオの制作にも関わったりもしているよ。

ニュージーランドで司会

そして以前からずっとやりたいと思っていたのが、起業。

 

2002年からホームページやブログでニュージーランド情報を発信しているから、いろいろ連絡を貰うことも多くて…。メールをやりとりして仲良くなっていくうちに、学校や現地エージェントを紹介してたんだ。

 

それで、永住権を取ったのを機に、夫と二人で、留学エージェント「クオリティー留学」を立ち上げることに!

 

夫はニュージーランドに来た当初、留学エージェントで働いてたんだけど、主にワーホリで来てる人や大人向けの語学学校を専門的に扱っているところだったんだ。

 

でも来る前は理系の大学で教えていて、学生に就職のアドバイスもしていたから、こういう人が会社から求められるって考えがあって。

だから、私は元々ワーホリとか語学留学に来る人と楽しく交流するのが好きだけど、夫はもともと「中学生、高校生の留学支援をしたい」って気持ちが強かったみたい。

ニュージーランドで起業

もちろんクライストチャーチに留学してくれると私もすごく嬉しいけど、クライストチャーチ以外のニュージーランド全国の語学学校、専門学校など、学校選びのアドバイスから、保険の手配、生活サポート、学習サポートもしてるよ。

親子留学、中学、高校留学はクライストチャーチで直接サポートしてるんだ。

 

クライストチャーチに来る機会があったら、ぜひ連絡ください!

カフェで、ニュージーランドについて熱く語りましょう!