ニュージーランドの歩き方に執筆したコラム「ニュージーランド移住までの道」

ワーキングホリデー、留学、NZ就職、永住権取得、家の購入、起業…今までを振り返ったコラム

*ガイドブック「地球の歩き方」の公式サイト「ニュージーランドの歩き方」に連載したコラム「ニュージーランド移住までの道」の再掲載です。

第9回 ニュージーランド人とフラット生活

住む予定だったフラットに突然入れなくなって…

2008年4月。クライストチャーチのラジオ局で社員として雇用してもらえることになって、本格的に働き始める前に一度日本に戻ることにしたんだ。

ニュージーランドでしばらく住む予定なんて無かったから、生活に必要なものとかあまり持ってきてなかったからね。

今まで3カ月間ホームステイしてたけど、戻ってきたら引っ越してフラット生活(シェアハウス)したいなって思ってたんだ。そしたらちょうど元放送局で働いてたデイビッドが部屋1つ開いてるからフラットしないかって声かけてくれたの。そこには以前同じく働いてたスティーブも、キャロラインも住んでた所で、新しくてキレイ!


丘のふもとの落ち着いたフラットって印象で、キレイな川も近くを流れてて…。一目で気に入って、日本に戻る前に荷物を全部その家に移動させたよ。これで住むところはOK!

 

ところが一時帰国中に、ニュージーランドへ出発まであと一週間切った時に、フラットする予定のデイビッドからショッキングなEメールが。
「実は彼女と同棲することにしたんだ。だからもうベッドルームは余ってないんだよ」
ええーーー!!
もう出発まですぐじゃん!早く教えてくれれば、こっちも探したのに・・・

 

まさかたった数週間日本に行ってる間にこんなことになるなんて!
「友達のマークの家に住んだら?それが一番ベストだと思うよ」

 

フラットを決める前、友達のマークの家も一瞬考えたけど・・・
マークは本当に仲良しでいつも楽しい。でもいかにも今シングルの男性が二人住んでる家?って感じで、デイビッドのフラットの方が落ち着いて仕事するにはいい環境だと思ったの。

どういう家に住みたいかってフィーリングが大事じゃん。

デイビッドの家は住みたい!って感じたけど、マークの家は住むっていうイメージが個人的にわかなかった・・・なんて言ってる場合じゃない。とりあえず他に選択肢も無いし、まずしばらくはそこに住む事にしたよ。

ニュージーランドへ移住

2008年5月、再びニュージーランドへ単身で渡航。もちろん、このままワークビザから永住権へ・・・ってできたらいいな~って思ってたけど、独身じゃないといろいろ問題もあるよね。

 

まだ去年結婚したばかりで、夫としばらく離れて生活するのはすごく辛かったけど、夫もまだこんなに早くニュージーランドに移住しようとは思ってなかったから自分の仕事をどうするかすぐには決められないし、とはいっても永住権に繋がるかもしれないこのチャンスをみすみす逃すわけにはいかない・・・。

 

二人でじっくり話しあって、このまま永住するかはともかく将来の移住には繋がるだろうし、しばらくは日本とNZで別々の暮らしになるけど、私がNZへ来て働くことにしたんだ。

 

クライストチャーチに戻ってきてすぐ、まず移民局へ。

 

ワークビザ申請はドキドキだった!申請しても取れるという確証がないからね。却下されたり、更新できずに帰国しちゃった友達も何人も知ってるし…だから何度も移民局に電話して確認しながら、慎重に書類を準備。
そして3年間のワークビザをゲット!

ニュージーランドのワークビザ

ワークビザのステッカーをパスポートに貼ってもらった時は、夢みたいだった。

ハードルが高い印象があったからね。このときはほんと嬉しかった!!

 

ニュージーランドに就職してから最初の半年位は、ただ必死だった。
ちょっとずつ英語で働くのにも慣れてきたけど、仕事内容を覚えてこなすのが最初は大変で。週末も出勤して終わらない仕事をやったり…

 

マークとのフラットは住むイメージが沸かなかったけど、実際ここのフラットに住んでみて、友達と暮らす楽しさがあったよ。
文化の違いでぶつかることも多いけど、それ以上に仲良い友達と一緒に住むのは楽しくて。夫と離れてる寂しさ、辛さと、仕事でのプレッシャーが緩和されたような気がする。

クライストチャーチのクラブ

仕事後に一緒にラグビーの試合を見にスポーツバーに行ったり、家でパーティーやバーベキューも何度もしたり、テニスやゴルフの打ちっぱなしに連れてってもらったり・・・

フラットの庭に大きなスパ(お風呂)があって、連日誰かしら遊びにくる友達も一緒にゆっくり浸かって語ったり…
職場でも家でも完全に英語しか使わなかったから英語の勉強にも良かったし、ニュージーランドに慣れていく環境としても良かったのかな。


→第10話:本格的に生活をニュージーランドに移す