ニュージーランド関連情報  ニュージーランド移住までの道 3カ月間ニュージーランドへ再渡航!

ニュージーランドの歩き方に執筆したコラム「ニュージーランド移住までの道」

ワーキングホリデー、留学、NZ就職、永住権取得、家の購入、起業…今までを振り返ったコラム

*ガイドブック「地球の歩き方」の公式サイト「ニュージーランドの歩き方」に連載したコラム「ニュージーランド移住までの道」の再掲載です。

第5回 ワーホリ2年後に3カ月間ニュージーランドへ再渡航!

夢にまで見たニュージーランドだったけど…

ワーキングホリデーが終わって帰国してから、約2年。
2005年1月に、再び3カ月間でクライストチャーチに渡航することにしたんだ!
目的は現地からのラジオ番組生放送(ずっと事前収録で、日本で制作してニュージーランドで放送してたからね)。
それと英語の勉強に、ニュージーランド移住の下調べも。

 

正直目的がどうこうっていうより、ただ純粋にニュージーランドにまた行きたかった。

 

今回たまたま安かったのがコリアンエアー(大韓航空)。当時は行きも帰りも夜のフライトで、長時間のフライトも寝ちゃえば楽そう!って思ったんだ。
機内食の賞を受賞したという焼きコチュジャン入りのビビンバも美味しかったし、韓国の空港での免税店巡りも楽しかったから、それ以降安いチケットが出てる時には乗るようになったよ。

 

3カ月の滞在全てがクライストチャーチじゃなくて、ニュージーランドに着いてまず最初の1週間はオークランドのニュージーランド人の友人の実家に1週間ホームステイして、その後クライストチャーチに移動、3カ月の帰国直前に、またオークランドの同じ場所で1週間ホームステイしてから帰国っていう計画を立てたんだ。

今までクライストチャーチでしか生活したことないから、オークランドで計約2週間ホームステイするのが楽しみ!

 

実際このプランで良かった!

オークランドでは滞在が限られてるから、友達アンナの両親がいろんなところに連れて行ってくれて…ワンツリーヒルに上って眺めのいいカフェで美味しいアフターヌーンティーしたり、日帰りでハミルトンに連れていってくれたり、孫も一緒にビーチ巡りしたり、オークランドの港からフェリーですぐのランギトト島をハイキングしてランチ、ワイヘキ島めぐり、犬の散歩や地元の集まりにも連れてってもらったり……ただ毎日家族と一緒に行動してる毎日が新鮮で楽しかった!

オークランドでホームステイ

オークランドのダウンタウンへ電車で行った時もそう。
クライストチャーチには電車がないじゃん。
ニュージーランドで電車に乗ること自体が初体験だったんだけど、吊革が無い&電車内に広告が1つも無い。自転車ごと電車に乗ってる人もいる!

電車の時刻に間に合わなくて、遠くからゆっくり歩いてくるお婆さんが乗車するのを待ってて、ダイヤが大幅に遅れたり^^;
こういうのって、ほんとニュージーランドっぽいって思ったよ。
行きは最新の電車だったのに、帰りはイギリスから古くなったのを輸入したという?すごく古い車両だったし…ただこうやって電車で移動するだけでも面白かった!

 

英語は2年間のギャップがあったけど、最初のオークランドでの1週間でかなり感を取り戻してきたかな。日本語をしゃべる機会も全く無かったしね。

 

そして、いよいよクライストチャーチへ移動!
まずはバッパー(バックパッカーズ=格安の宿)の個室を3日だけ抑えといて、この間にもしフラット(シェアハウス)が見つかれば…って思ってたんだ。

考えてみれば、3日でフラットを見つけようっていう考えが甘かった><
とにかく日数がないから焦っちゃって。

シティーセンターで、電気代など全込みで週70ドル!というキウイ1人と後は全員日本人の激安フラットを見つけてね。


当時若かったのもあって「家具が無くて超狭くても、一軒を6人でシェアでも、激安だし良いか!立地がいいし、どうせ忙しくて家には寝に帰るだけだから問題ないっしょ」って思ってたけど、旅行中ならまだしも、やっぱ生活となると不便だった。

クライストチャーチにも関わらず、部屋は物置みたいな狭さだからスーツケースを広げるスペースも無かったし、家具がシングルベッド1台だけだから物を置く場所もない。
でも週70ドルしか払ってないなら当たり前なのかな。

 

また、ワーホリ時のフラットと違って、フラットメイトはそれぞれの生活をしていて、会話もほとんどなかったからちょっと気まずかった。

ニュージーランド フラット生活

それから、クライストチャーチに来たらまた毎日がワーキングホリデーの時みたいに楽しいに違いない!って漠然と考えてたんだけど、これが違ったの!!
ワーホリ時代の友達はみんなそれぞれの国に帰国しちゃってるでしょ。
ニュージーランドに既に永住してる友達は、フルタイムの仕事や子供の世話があって忙しくて普段あまり会えない。

ボランティア英会話クラスに顔出しても、週に1度しか顔合わせないから、なかなかいっしょに出かけるほど仲良くなれない…

 

美味しそうなレストランの前を通っても、一人で入りづらいから行けないし、だんだんホームシックになってきた。

 

ラジオ局の機械が新しくなってて、生放送に向けて再びトレーニングを受けたり、アートセンターにインタビュー録りに行ったりとやりたいことを出来て嬉しかった反面、やっぱり仲いい友達がいないと、自然とホームシックで辛くなってくる…

 

そこで滞在2週間目から、思い立って語学学校に通うことにしたの。そしたらクラスメイトと毎日会うし、アクティビティーもあるしですっかり打ち解けて、ホームシックがかなり緩和されて良かった><

ニュージーランドに3か月滞在

こんなことなら初めに行けば良かったって思ったよ。
ここから生活が楽しくなってきて、ニュージーランドにビジタービザで3ヵ月のみの滞在生活が一転したんだ!

 

第6話:英語学習の転機