Home arrowニュージーランド情報トップ arrowニュージーランドにワーキングホリデー

ニュージーランドにワーキングホリデー

ワーキングホリデーってよく聞くけど、ワーキングホリデーって一体何!?

英語を身に着けたいけど、ワーキングホリデービザがいいのか、学生ビザがいいのか…

そもそも、ワーキングホリデービザについてよくわからないって聞かれるんだ。

 

ワーキングホリデーとは…18歳から30歳までを対象に、ニュージーランドの文化や習慣を体験し相互理解と友好を深めることを目的として、ニュージーランドと日本政府の間で結ばれた制度。

 

ワーキングホリデービザを持ってると1年間滞在が出来て、その期間中に働くことも自由!語学学校へも最高6ヶ月まで通うことが出来る。

 

外国人として海外で働く権利を得るというのはけっこう難しいもので、この1年間どこででもパートタイムででも働けるというのは貴重な権利だったりする。

 

もしワーキングホリデービザが取れない年齢だったら、ニュージーランドで働きたい場合…

・学生ビザで語学学校に通うと週20時間までアルバイトする権利がついてくる(条件あり)

・フルタイム(社員)での仕事を見つけて、移民局にワークビザを申請する

 

ワークビザは、申請したら必ず取れるわけじゃないし、その会社を辞めたら帰国しないといけないっていうプレッシャーもあるんだ。

 

ちょっと話がずれたけど、つまりワーキングホリデーは・・・

・英語の勉強が出来る

・アルバイトが出来る(多くの人はレストランやファームの手伝い、フルーツピッキング、パッキングなどの季節労働をする)

・1年間滞在できる

 

という自由なビザ!

 

もし働くつもりが無くて、英語の勉強だけしたい場合は、学生ビザがおすすめ。

ワーキングホリデービザは一生に一回しか取れないからね。