皇太子さま雅子さま取材

クライストチャーチ/ニュージーランドのイベント情報

皇太子さま雅子さまニュージーランド/クライストチャーチ訪問2002年12月

 

2002年12月14日、皇太子さま、雅子さまはクライストチャーチを訪問されました。
そこでJDUからも日本人メディアとして許可をもらい、取材をしてきました!

警察は厳戒態勢!キウイのように背丈も無い私たちは、勘違いされてつまみ出されたら大変とビビリながらも、 自分を証明するためにPlainsFMのディレクターが書いてくれた手紙を握り締め、空港から移動してくるのを待ちます。

Naokoはフラットのオーナーが貸してくれた浴衣に下駄を履き、 2人共プレインズFMからもらった名前入りのIDも胸につけてました。


皇太子夫妻が来たのは、クライストチャーチ空港すぐそばの国際南極センター(International Antarctic Centre)
到着すると空港に、日の丸の飛行機が停まってるのが見えた。
これ見て、本当に来てるんだな~って思ったよ。

 

この車でご到着!
そして、朝9時45分頃、国際南極センターに着

これがお2人の乗っていた車です!
最初に入ってきたのはパトカー、続いて3台同じ車種の車が入ってきて迫力ありました。

 

 

 

皇太子さま雅子さまが国際南極センターを訪問

観衆と握手

お2人は出てきてから南極センターの方とすぐ挨拶をされました。
ああ、まだ後ろ姿しか見えないけど雅子さまの白いスーツが素敵!

現地に住んでいる皆さんと丁寧にお話をされていました。
動きも優雅、仕草も丁寧・・・

 

南極センターへ入っていく時・・・
国際南極センターへ白でまとめたコーディネートが素敵!って思うのもつかの間、こっちにお2人が来たので 他のメディアの人達が一斉にこっちにやって来て一瞬にして場は戦場と化した
日本の報道陣は、いい絵をとろうと必死!
超強引に押し出し!割り込み!緊迫の雰囲気! そりゃプロだしこっちまで飛行機で来て、必死になるのは分かるけど、なんか失礼な態度もお構いなしなところはちょっとビックリです。 

私とYujiの間に無理やり脚立を置いてそこに割り込んできた某日本人カメラマンがいて、 私とYujiが少し喋ったら、(当然カメラマンを挟んで)「だまれ!!」と怒鳴られた・・・怖いよ~~!!

 

アクティビティーHagglund (Snowmobile)

国際南極センターのスノーモービルに乗り込む皇太子夫妻国際南極センターのアクティビティーHagglund (Snowmobile)お2人のクライストチャーチの滞在時間はたった5時間(短ーい!)
その中で唯一のアクティビティーは、ここ国際南極センターのスノーモービルに乗ることです。

スノーモービルの中です。とっても楽しそう!何話してるのかな~?
そうして、ちょっとした丘の上や水の上も高速で通り抜けるモービルがスタート!
これ見ていて乗ってみたくなりました。
ここは広いのでマスコミの戦場化が収まってホッ・・・。 10分位の乗車時間でした。

 

雅子さまのエレガントなファッション雅子さまが出てこられる姿が、本当に優雅な動きでした!
普通、けっこうこういうのから出るときって「どっこいしょ」とか「どたっ」って感じになっちゃったりするけど、 雅子さまの場合、すらっ とかふわっするりっ って感じ(?)・・いや、本当に!

★ここで雅子さまのファッションが全体的に見えました。
スーツ、バック、靴、イヤリング、スカーフ・・どれも白!それが凄く似合っていてカリスマを感じます。
スカーフは、よく見えないけど、白と金色で、ふんわりと襟元に収まっています。
普通の女の子がココまで全身白で統一してしまうと、「この子ちょっとやりすぎだなあ・・」ってなっちゃうけど、 雅子さまだからこそ出来て似合ってるファッションだと思いました!!

 

アンタークティックセンターの中で国際南極センターでペンギンのぬいぐるみをプレゼント国際南極センターの中へ

国際南極センターの説明を聞いたり、地元の子供達と話をしたり。
ちゃんと目を見てしっかりお話を聞いてくれる雅子さま。
(私が声をかけたときも、ちゃんと目を見て微笑んで、軽くお辞儀をされてから手を振ってもらえて感激!)
愛子さまへのお土産にペンギンをもらっていました。
ちょうど持ち上げたところで、一度デジカメのメモリーカードがFULLになってしまいました。YUJI焦ってた!
2002年当時に持ってたデジカメは200万画素も無いものだったけど、メモリーカードも16MBとか32MBってくらいが主流だったから、今みたいに撮ってるとすぐにいっぱいになる!

 

お二人とも常に笑顔!そしてまた外に出てきて、皆さんとお話しをされました。
素敵な笑顔!
驚いたのが、凄い数のまぶしいフラッシュ(新聞社のなんか目潰しって感じの強さ)を受けているお二人なのに、 まばたき一つしない!(正常な状態、全く気になっていない)さすがです・・!!
こうして、国際南極センターを11時45分頃出発されました。


お昼をはさんで、12時半にハグレーパークの隣にあるChateau on the Park(ホテル)でクライストチャーチ市長との会談があって、2時半にクライストチャーチ空港からTe Anauに向かって飛び立たれました。 

 


【取材メモ】
・取材陣の中でも、日本のある放送局のカメラマンは凄かった・・・。車のガラスにカメラを押し付けて内部を撮っていて、他の激しい メディアたちも、「あそこまでやるかぁ!?」と笑っていたくらい。

・今回のクライストチャーチ滞在のほとんどは、この南極センターだったよ。

・取材戦争が勃発していたとき、誰かのカメラが前に出てしまうと、他の全部のカメラに迷惑なので、だいたい気の一番強い 会社が「ここラインね!ココ出たらダメ!!ライン作ろうね!!」って必死に叫んで(脅し?)いたのが印象に残りました。

※ちなみに、これが皇太子夫妻での最後の外遊(2012年時点まで)になってしまった、Chateau on the Parkでは日本のメディアは一切立ち入り禁止だったり、皇太子夫妻はずっと笑顔だったけど、内心すごい大変なんだろうな~って思いました。