Christmas Carol / Christchurch

クライストチャーチのイベント情報

Christmas Carol 毎年12月24開催

(2002年に初めてクリスマスキャロルに参加した時の記事です。)
クリスマスイブ、クリスマスは・・・話には聞いていたけど街は閑散としてたよ。
一部のレストラン以外のお店はほとんど閉まっていて、道に人すらほとんど歩いていない・・・
それでも行くところが無いからか、シティサウスにある映画館に行ってみたら、珍しく列を作って並んでいました。みんなホームパーティーや旅行を楽しんでいるのかな?
(年々クリスマスでも少しずつお店を開けるところもでてきたけど、それでもやっぱり静かだよね。)

そんな12月24日、クリスマスイブの夜、静かだった市内にどこからともなく沢山の人が現れてきて、ビクトリアパークへ・・・
これからビクトリアスクエアで行われる、キャンドルを燈しながら皆でクリスマスキャロルを歌うイベント(YMCA Carols by Candlelight)に参加するためです。

この時期は、暗くなるのが9時過ぎとかだから、イベントの開催時間も9時~10時と遅いんだ。

ビクトリアパークにステージが

ビクトリアスクエアには大きなステージができて、その前やエイボン川沿い沢山の人がロウソクを片手に座ってたよ。

ステージ上では、オペラ歌手や、少年少女合唱団が次々にクリスマスキャロルを歌ってた。




みんなろうそくを持ってる 時々幾つものキャンドルを乗せたパンティングも通り過ぎる・・・!あれ乗りたいなあ(笑)

盛り上がるクリスマスソングではなく、静かで落ち着いた暖かい気持ちで定番のクリスマスソングを合唱しているって感じかな。
エイボン川のほとりで耳障りのいいクリスマスキャロルを聞きながらゆっくりと過ごす...こんなクリスマスイブもいいよね!

手作りのろうそくを持ってくる人も

数本入って2ドルの細いろうそくも売ってるから、欲しい人は購入できる。

私も買ったけど、会場で売ってたろうそくは、30分くらいで燃え尽きちゃった・・・(早すぎる)。

地元のキウイとかは、しっかりしたオリジナルな自作キャンドルを持ってきてたりしてたよ。


ろうそくに照らされてキレイだった暗くなってくると、ビクトリアパークは無数のキャンドルで照らされて、エイボン川にも写ってとてもキレイだよね。

 

ろうそくに灯した火と聖なる合唱と・・・素敵なクリスマスイブした。


2009年にクリスマスキャロルに参加した時の様子
2010年にクリスマスキャロルに参加した時の様子