Summer Theatre

クライストチャーチのイベント情報

サマーシアター 毎年2月中旬開催

2005年1月28日(金)~2月13日(日)まで、月曜を除く毎日開催されたAnthony Harper Lawyers Summer Theatre
にいってきました!
市主催のSummer Timesの一環のイベントで、ボタニックガーデンのDaffodil Lawnsで開催された、無料の恋愛コメディーショーです。

サマーシアターの開場はこっち

この看板をたどっていくとDaffodil Lawnへ。ボタニックガーデンって広いけど案内に沿って歩いていったらすぐ着いちゃいます。

ステージを発見

 

 

 

 

 

 

The Reluctant Doctor of Love

ステージを発見! 開催30分前に到着しました。
Clinicというクライストチャーチの劇団が"The Reluctant Doctor of Love"という、フランスの有名なライターMoliereが書いた劇を見せてくれるイベントです!

パンフレットをもらって出演者の名前を見て、番組内でインタビューしたベロニカの名前を発見。
既にピクニックを持ってきて、みんなくつろいでます。

人がだいぶ集まってきたころ、ステージが始まりました。

まずは黒子さん?がリズムをたたいて現れます。

演劇

リズムがだんだん豪華になってきて、主な出演者がステージ上に登場して、まずはオープニングを演奏で盛り上げます!
楽しいリズムが刻まれて、これから何が始まるのかわくわく♪

 

 

 

動きが派手夫婦喧嘩のシーン

夫婦ゲンカのシーンからはじまります

動きが派手だし音楽も常に生演奏で流れてるので、英語が分からない人でも楽しめるイベントだなと思いました。

どのシーンでも全ての動きがポーズみたいになっててかわいい!

サマーシアター

ステージ自体がボタニックガーデンの中にあるから、後ろに見えてる背景もきれいで楽しめます。
ただ、この日寒かった・・夏なのに!
やっぱり野外でのイベントに参加するときには念のためブランケットなど持って来たほうがいいね^^;

 

かなり寒くなってきたけど、KIWIたちは笑顔でTIP TOPアイスを食べてました・・!
リラックスして見れるTIP TOPアイス
週末に限らず毎日開催していて、
空いた時間に野外で演劇を見るなんてステキなイベントだよね!