フラットに住む

ニュージーランド日記2005

フラット生活開始クライストチャーチ3ヵ月滞在の始まりは、バッパーにたった3日だけ住んでいて・・・その間に必死でフラットを探して何件か見に行って、4日目にはフラット生活を始めることができた!
その時フラット探しにはもっと時間がかかる!って思ったよ。・・・3日間、まだ住むところが決まってないという不安はつらかった><

私が住むことにしたフラットは日本人4人とニュージーランド人1人が住む大きい一軒屋。
ワーホリでフラットに住んでたときにDurham street northに住んでたから、まったく同じストリートのよりCityに近い場所だったから ここなら道に迷うこともないし慣れてるしsと思って決めたんだ。
ところがここのフラット、週$120の大きい部屋か、週$70の部屋かどっちかしか空いてなくて、高いほうはカップル用で「もうちょっと狭くて安 い方が絶対良い」感じで、安いほうはむっちゃ狭い、住むって感じじゃない。でも全部込みで70ドルはマジ安!」。
こうして、とりあえず70ドルの部屋に決めた。

 

ベッドからナゾの板が・・・でも気になるのが・・・部屋のベットから、ナゾの板が出てる!
これを押してもちゃんと中に納まらず出ぱなしだから、狭い部屋だから何度も足を打って困った・・・。
にしても何でまたベットの下から引っ込まないナゾの板が出てるんだろう?
部屋は狭くて、スーツケースをたんす代わりに使ってて生活しずらさMAXだったけど立地は便利でよかったかな。

 

ただフラットメイトに働いている人が多くて、そこまで仲良くなれず、家の中ですれ違う時もよそよそしい感じでちょっと気まずいところはあった。実際に一度話しだすと楽しかったりするんだけどね。

 

ただここに住んでみて分かったのが・・・家具がなにも無くても平気だとおもっていたけど、できればワードローブ位あった方がいいということ。スーツケースがタンス代わりというのは旅行程度ならいいけど、生活には不便だった。

 

自転車を貸してくれたフラットのオーナーさんが自転車を貸してくれた。
自転車で毎日PLAINSFMまで通えて超便利!
しかしニュージーランドの自転車ってなんでこういうスポーツタイプ?のものしかないんだろうねえ・・・ママチャリでいいのに、前かがみになるし、かごもない!
フラット生活の1ヶ月間はこの自転車が重宝したよ。

 

 

フラットのメンバーでバーベキューフラットのメンバーでバーベキューもあったよ。
クライストチャーチをベースに旅行ガイドをしている方、お土産屋さんに勤めている方など・・・キウイのフラットメイトは専門学生。普段そこまでフラットメイトと話す時間がなかったけど、ゆっくり語れてうれしかった。

夜までビールを飲みながら語りあかしました。